前みたいに戻ってください!私はいつまで耐えればいいのかと思っています

SPONSORED LINK




<yuyuさん(20代) からの投稿>

私が一番いわれてショックだったことは妊娠中の会話です。

私は悪阻がひどかったので入院することになったのですが入院から帰宅した日に「早くご飯作れ」「ほかの人はみんなやっている、なんでお前はできないんだ」でした。

他の人はって?何で知っているの?とも思いましたが人に対して思いやりのない人なんだなと感じました。

病み上がりでしたし悪阻もひどかったですが毎日家事を頑張っていました。

ですが妊娠中につわりの中作ったご飯を「こんなの食えない」といってすべて捨てられたことがありました。

この時にさすがにもう我慢できないなと思いました。

結婚しなければよかったともいわれましたし、俺が養っている意味が分からないとも言われたこともありました。

私は今生後半年にもならない子供がいて、まだ仕事復帰することはできないですし確かに旦那に養って頂いていますがそういういい方はないのではないかなと感じてしまいます。

急に結婚してから私のことを見下すようになってしまい、家事の手伝いはしないのに家事の内容や食事に対しては命令口調でなので困っています。

SPONSORED LINK





妻にも優しく話してよ!自分のこと、王様か何かだと思ってる?

SPONSORED LINK




<田中恵子さん(40代) からの投稿>

とにかく、口が悪い。大体が命令口調、べらんめえ口調で、聞いているだけで気分が滅入ります。
「○○しろ!」「○○するな!」「おい!」帰ってくるなり、これが始まるので、帰ってくると、ため息しか出ません。

子供たちに注意する時は、自分で言わずに、私に注意をさせます。
自分が嫌われたくないのは分かりますが、私に汚い言葉で注意しておいて、自分は甘い口調で子供たちと話します。
まさに「いいとこどり」

「おい!なんだ、この部屋は。きったねーな。」
「○○がやったんだけど。」
「片づけさせろや」
(私が子供に注意して、やらせます。)
「○○ちゃん、きれいな部屋で生活した方が気持ちが良いでしょう。あ、アイス買ってきたよ。冷蔵庫に入れてあるよ」

私には、鬼のような形相でにらんで、暴言をはきます。
私は女中でもなければ、子分でもない。
毎日フルタイムで仕事もし、家事をし、子育てをし、頑張っているのに、そのような暴言を吐かれるのは辛いです。

SPONSORED LINK





喧嘩したくないから会話しない!男尊女卑な旦那、女に産まれれば良かったのにね

SPONSORED LINK




<ア太郎ママさん(20代) からの投稿>

うちの旦那、外面がいいんです。
必ず他人様からはいい旦那さんね、優しいね、と言われます。
そうでしょうそうでしょう。外ではね。と私は言葉を飲み込み苦笑い。これが悔しい。

煙草も子供が産まれたのに止めてくれない。臭くて堪らない。
臭い手で子供を抱かないで。臭い口で子供にキスしないで。言ったらどんな風に報復されるか怖くて言えないけど。

喧嘩をすればこれがひどい。ああ言えばこう言うで口達者。
自分の非は認めない。俺は悪くない。
威圧的にかぶせるようにして話してくるし俺の言うことは絶対。お前が全部間違ってる、はやく謝れ、口答えするなと言われる。
そしてただ謝っても許してくれない。
正論をぶつけるとじゃあ代わりに稼いで来い。お前にできるのか?と脅しにかかる。
誰のために働いてると思ってるんだ、と典型的なモラハラ。
産休、育休をとった私に主婦は良いな~子供と一緒にお昼寝して、だって。ひどい。
でも子供の父親は一人だから我慢。

SPONSORED LINK



長生きだけはしないでね!所詮あなたとはお金だけです(笑)

SPONSORED LINK




<かなかなさん(40代) からの投稿>

いつも疲れてるのは分かるけど、仕事から帰ると一歩たりとも動かない。

すべて私か子供を使いあれとって、これとって、あれしてこれして…と命令ばかり。

しなかったらずっと待ってる。

まるで私が遊んでるかの様な言い方で何か言えば倍になって帰ってくる。

家のことも子供のことも何もしてくれないので期待もしていないがせめて自分のことだけは出来るようにして欲しい。

だけど、生まれて結婚するまで義理母に甘やかされ、何も言わなくてもすべてやってもらってきたのできっと直らないでしょう。

子供はよく見ているものでそんな旦那に見切りをつけ、今はおばあちゃんの家に家出してます。

きっと直らないしいっても無駄だからと、私にも早く見切りをつけて離婚しろと言ってます。

今はお金と少しの情だけで夫婦なんとかやっていますが、我満がいつまで出来るか分かりません。

私から離婚を切り出したらきっと困ると思うし離婚には同意しないのが分かるのでもめそう。

SPONSORED LINK



性悪旦那の愚痴日記!私の悪口ばかり…。開くんじゃなかった。


旦那が結婚前から書いている愚痴日記を読みました。
私の悪口も書いてあり最低な気分です



旦那は日記をつける男でした。

何か嫌なことがあると、その時の感情をメールに殴り書きして、自宅のパソコン宛にメールする。

結婚前から話を聞いていたから、そういうことをしている事は知っていたけど、私はその日記を読もうと思ったことはありませんでした。

そこには日常の嫌なことだけでなく、私に対する不満や愚痴が書いてあることは読まなくても分かっていたからです。

旦那の感情にまで腹を立てても仕方がないというか、他人の感情に文句を言う権利は誰にもないと思っていたので。

面と向かって言われれば反論もしますけど、わざわざ心の中(日記)を覗き見てそこに文句をつけようとは思いませんでした。



でも、ある喧嘩をキッカケに、私はとうとう我慢できずに旦那のパソコンを覗いてしまいました。

パソコンにそういう日記が入っていることを私が知ってることは、旦那も知っているのだから(というか、自分で結婚前に話していたのだから)、当然日記にはパスワードがかけられているだろうと思っていたのに、あっさり開けてしまいました。

あらかじめ旦那が使いそうなパスワードはリサーチしていたのに拍子抜けです。

よっぽど私を信用していたのか、それともいつか私に読ませたいと思って敢えてパスワードをかけなかったのか…。

でも、結果的にどれでもありませんでした。

私に自分の日記が読まれることを想定していなかっただけ。

私を信用していた、ともちょっと違う。

旦那の思い描く「家庭のルール」では、妻が夫の日記を読むことが有り得なかっただけのようです。

なんというか、本当に情けなくなるくらい間抜けな人です。



その日記の内容は本当に酷いものでした。

私がこれを読んだらどう思うのか、間抜けな旦那でも想像ができるくらい酷いものです。

こんな日記を書くような人間が私の旦那だと思うと、とてもショックでした。

自分で読んでおいて勝手な話ですが、絶対に解けないパスワードをかけて置いて欲しかったくらいです…。

この日記の内容については、過去の出来事に絡めて、少しずつ書いていこうと思ってます。



初めて旦那の日記を読んでしまったその日は、腹が立つというより、本当に気持ち悪いという感情で一杯になりました。