スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田准一と宮崎あおいが結婚して、幸せ絶頂からイメージダウンで別れそう

SPONSORED LINK





岡田准一と宮崎あおいは長い付き合いだったようだが、元々宮崎の既婚時代の不倫からという報道もあったので素直に祝福できないという人も多いと思う。

一般人であれば勝手に結婚すれば良いが、芸能人でしかも多くのファンに支えられるアイドルという仕事をしている以上はイメージが大事だと思う。

今は仕事もあって幸せの絶頂期かもしれないが、イメージダウンで仕事が減り、今の生活水準よりも低くなった時が離婚のサインでは無いかと思う。

やはりお互いにお金やステータスという部分を全く意識せずに結婚したという事は無いと思う。


一番懸念するのはもしイメージダウンした時に妻の側がきちんと夫を支えて乗り切ることが出来るかどうかである。

実際に宮崎側は前夫がメディア批判をして干された時にも支えようとはせず、離れたという話もある。

何かトラブルが起こった時に前と同じような対応しかしないのであれば夫婦生活を続けていくのは大変だと思う。

一度の離婚を通して色々と思い直していて同じ過ちを繰り返さない事を祈っている。

SPONSORED LINK



スポンサーサイト

神田沙也加と村田充の結婚は格差があり今後上手くいかないような気がします。

SPONSORED LINK





格差結婚と一時期話題になりましまが、男性が女性よりも収入がある場合は理解できますが、その逆、つまり女性の方が男性より収入がある場合は離婚する確率が高くなるかと思います。

男性はどうしても女性に対して癒やしを求めます。

家に帰ってきてゆっくり寛げるような気持ちになりたいのです。

結婚当初はお互いをさらけ出さずにいられるから上手くいくと思います。

時間がたつとそれは上手くはいきません。

それを収入が多い女性が家に帰ってきてガミガミ言ってくると癒やしどころが逃げたくなります。

何でも言うことを聞いてくれそうな優しい男性ならば話は別ですが。

格差結婚で離婚をしている芸能人はたくさんいます。

その女性が出産するとさらに強くなり離婚につながります。

芸能人が離婚をするとテレビで見ている私達は離婚ということに抵抗感がなくなります。

離婚なんて珍しくないと思ってしまいます。

清楚な女優さんだって離婚するんだからという気持ちになってしまいます。

SPONSORED LINK



馬鹿野郎!旦那の家事と育児の考え方は違います

SPONSORED LINK





<ゆうあさん(20代) からの投稿>

家事と育児は、仕事より楽なものだと思っているところです。

出産してからしばらく、産後鬱のような症状が出た私は、夫へ育児の不満をよくぶつけてしまっていました。

本当は夫に分かって欲しかった、理解して包み込んでくれるだけでよかったのに、彼は違いました。

仕事で疲れているから、育児の愚痴なんて聞きたくない、家にいる方が楽だろうと怒鳴りながら私に言ってきました。


また、お宮参りやお食い初めの段取りも決めない義実家のことを相談したら態度が豹変しました。

今までは私の味方でいてくれた夫も、自分の両親の悪口を言われたと勘違いして、私を責める日々が始まりました。


どんなに話し合おうとしても全く聞き入れようとしてくれませんでした。

終いには、離婚の文字まで出てくる大ごとになりました。

育児と家事がどれだけ大変なことか分かっていない夫には本当に呆れてしまいます。

他の家の嫁はこんなに口うるさくないと言い張る夫。

そんなわけありません。

SPONSORED LINK



休みの日一個でもいいから手伝って!!!完全なるワンオペ育児~手伝わない夫~

SPONSORED LINK





<Azusaさん(20代) からの投稿>

付き合って9年、結婚して2年半の旦那がいます。


決して稼ぎはいい方ではないですが口はわるいですが、根は優しい性格で大きな喧嘩もそれほどなく仲良くやってきたと思います。


そんな私が不満に感じてきたのは出産を経験してからです。


今年三月に娘を出産し、親になりました。


もともと家事はほとんどしてもらったことはないのですが子供が出来れば1人じゃ出来ないことも増えてきます。


ですが育児も家事も手伝おうとしません。


これじゃダメだと思い、家事はともかく育児は夫婦の役目だと思っていることを訴えました。


でもやってくれる気配はなく「する必要性がない」とまで言ってきたので私の怒りは頂点に達しました。


今までは自分たち夫婦2人だけだったのでお互いに口出しすることはなかったのですが子供ができれば別です。


口論することも多くなりました。


自分だけ自由にしていい訳がありません。


もっと父親の自覚を持って欲しいです。


完全にワンオペ育児になっていることに不満です。

SPONSORED LINK



宮迫博之が不倫でごまかした件について、最初から認めない姿勢がいけなかった

SPONSORED LINK





昨年、週刊文春で宮迫博之さんの不倫騒動を発表されました。

芸人の不倫といいますが、昨年はやたら不倫報道が多かった年だと思いました。

本題に戻りますが、宮迫さんは着者に対して不倫をしたかどうかで『オフホワイト』と言って、微妙に伝わりにくい言葉を返されました。

それだけでもかなり不信感がわきました。

しかし、後日相手方の話を聞くとオフホワイトどころかブラックの方が近いグレーだったということが判明されました。

もちろん相手方も妻子ある宮迫さんにそういうことを誘われるくらいの関係まで発展させたのには非があります。

しかし、事を及ばせなかったのではなく、相手が理性で事を及ばせるのを拒否したのに何度も迫ったことを知り、あんぐりしました。

たとえ、魔が差したことをぼかすなんてもってのほかです。

不倫自体を肯定するつもりは毛頭ございません。

が、しかし今回は『オフホワイト』と発したせいで、不信感は募ったし、事実はグレーまでいったのです。

聞かれた時点で潔く認めてしまったほうが事を荒立たせることはなかったのではないかと思いました。

SPONSORED LINK



新しいパンツを出せや!!不満の向こう側はどうなってしまうのか

SPONSORED LINK





<つーさんさん(30代) からの投稿>

外からみればなんの問題もない仲のいい夫婦にみえている私たちでも、同じ屋根の下暮らせばいろいろ不満はでてきます。


まず家事についてです。

私が妊娠中に夕食の後片付けをしてくれていました。

2.3日たつとお皿がなんかベトベトする、、、なんか臭いぞ、、。

と思い、お皿を洗っている旦那をふと見ると、、、「いや、油もの専用のスポンジやないかい!」「あ、間違えた、、、たくさんあるから間違えちゃった!」とスポンジを変え再びお皿を洗う旦那、、、、「いやそれ排水溝のスポンジやないかい!」
それでも初めはいいんです、かわいいものです。


しかし私が不満に思うのは何度も同じミスをするという事です。

最後の最後まで涼しい顔して排水溝専用のスポンジで洗っていました。

、、、、もう諦めがつきました。



そして子育てについてですが、オムツも替えてくれます、ミルクも飲ませてくれます。

しかし一緒に遊ぶという事をしてくれません。


男はそんなものなのか、、いや違う、友達のとこの旦那さんはよく子供と遊んでいます。


遊び方がわからないといった感じがします、

あとは不衛生です。

数々の伝説がありますが私が1番ビックリしたのは旦那のパンツがだんだん黄色くなっていくのです。

シミのような、、、そしてそれがウイルスのように日に日に広がっていくのです。

旦那はパンツを2枚しか所持していない為、2日に1回のペースでそれを洗濯しなくてはいけません。

まさにヘビーローテションです。


見るに見かねて新しいパンツを私が買ってきました。

それなのに旦那はシミのパンツに情があるのかなかなか履き替えようとしません。

いまだに新人パンツくんはデビューの時をタンスの中で待っています。



そうなるとうすうす気づいてくるとは思いますが、靴下も同様です。


仕事から帰ってきて今日あった仕事の話をかっこよく語ってきますがその靴下は親指くんがこんにちはしています。

何日も続きます。


親指くんよ、本当にご苦労様です、、、、靴に擦れて痛かろうに、、、北風にうたれて寒かろうに、、、
タンスという名の待機所にはいつまでたっても指名されない新人パンツくん同様、新人靴下くんもデビューを夢見ていることは言うまでもありません。



そして、不衛生のうえに収入が低いという最悪のツートップを兼ね備えています。


もうこれはどうしようもないです!
連休など友達同士でどこに行ったか話題になる時があります。


私も言います、「旅行行ってきたよ!」
、、、、私も行けるんです、1泊2日で行けるんです。


しかし、車で30分ほどで着く幽霊がでそうな旅館です。

むしろでていたかもしれません。


幽霊なのか女中なのかもはや見分けることもできません。


夕食もさることながら朝食もちゃんとつくんです。

ごはん、味噌汁、たくあん、そしてどこの馬の骨かもわからない焼き魚という朝食会の四天王でした。


朝食会場は大広間で他の家族との距離が数センチしかないだろうという窮屈のなか、私は無音で無言の朝食をたいらげました。

時々、箸のカチャカチャという音が響き渡っていました。


お金があればもっといい旅館に行けるのに!と思うのは毎回ですが、その後すぐに旅行行けるだけいいかと思ってしまいます。




不満はたくさんありますが、諦めることにしました。



SPONSORED LINK



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。