旦那のブログにアドバイスしたら大喧嘩に発展!最初は乗り気だったのに気まぐれすぎ

夕方。私は会社から帰ってきて、夕飯の仕度をしてるのに、旦那は横になってテレビを見たり最近作ったばかりの自分のブログをチェックしてばっかり。

お箸を並べるくらいしてくれてもいいのに。
 
しばらくすると、鼻息荒く私のところに来て、 「お前が勝手につけた俺のブログのカウンター、カウントの仕方おかしくねーか? 今日のカウント1しかねーぞ! そんなわけないから、調べろ!」  だってさ…。

私は夕飯の支度してるのに。

確かに、(アクセス数が見れた方がブログをやる楽しさが増えると思って)カウンターを付けてみたら? と提案をしたのは私です。

でも、気に入らないことがあると全部私のせいのするのは止めて欲しい。

最初は自分も乗り気だったくせに! 私の一存で勝手に付けたわけじゃないのに!! 夕飯を片付けてから、旦那のブログのカウンター設定を確認してみたら、「管理者をカウントしない」「2重カウント防止」になってました。

正確にカウントするなら、この設定の方が良いと思うのですが…。

一応設定内容を見せようと思って、パソコンの前で「これ見てみて」と言ったら、旦那は画面を見ながら「あーー!!、下に行き過ぎ! そこ見えねー! なに動かしてんだ!」とかまたいろいろ大声で怒鳴り散らす始末。

ただ、マウスが少し動いたり、ブラウザが2つ出ていて、そのブラウザ同士が被ってたりしただけなのに。

これって怒鳴ることですか? そして、カウンター設定のことやカウンターを付けたことについて酷い文句の数々。

私が「最初はあなたもカウンター付ける事に賛成してたでしょ? そんなに怒ることないじゃない」というと、「うるせえ! 黙れ!」と怒鳴りつけられました。

私も段々イライラしてきて「もう勝手にして、あなたのわがままに付き合うのはもうたくさん!」と言った瞬間に、頭を叩かれました。

すごくビックリしました。

急に怖くなって逃げるようにその場を立ち去ろうとすると、 「俺が一人で楽しんでたブログに、お前が余計な口出しするから、ぶち壊しだ!!」 と、暴言を叩きつけられました。

涙が出てきました。

たかだかブログのカウンターのことで何でこんなことになるんだろう。

そんなに怒ること? もう旦那のブログは見ない。

なんで旦那にこんな口調でこんな酷い事言われなきゃいけないんだろ。

会社の嫌な上司にだってこんな言われ方しないよ…。

頭と心が痛い。

読んで頂きありがとうございます。
最後に応援クリックを頂けると励みになりますm(*_ _)m

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

SPONSORED LINK

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/10 (Tue) 22:41 | # | | 編集
No title

どの記事も大変無茶苦茶な旦那さんですね。ブログを始めてちょっと良い雰囲気になると思いきや悪い方向に向かいましたね。しばらく何を発信しているか様子を見てはいかがですか。
男は褒められることに弱いので良い点があれば素直に笑顔で褒めてあげてください。
またチクチクと言われるのも絶対嫌いな性格ですね。
言葉は端的に長すぎるとイライラするタイプと思います。
できるだけちょっと距離を置きながら上手く接することが大事と思いますね。

2017/01/10 (Tue) 23:40 | あき #- | URL | 編集
No title

始めてこちらのブログを訪問させていただきました。
うちも一緒です。
よく似ていますよ、状況。
イラつきますよね、本当に。
どこでも似たようなものじゃないですかぁ?
妹のところもそうなんです、しまい揃って
似たような男に嫁いだというか。
気にしないのが一番なんですけどね。
聞き流すっていうか、他に楽しみ見つけるっていうか。
そうは言っても、なかなかそれができないんですよね、人間って。
仕方ないですね。また訪問させていただきます。

2017/01/10 (Tue) 23:49 | dokidoki #- | URL | 編集
No title

世の中にそのような旦那様がいるとは思っても見ませんでした。えり様はそんな旦那様と暮らしていて幸せなのでしょうか。
そうでなければ別の方法を考えるのもありなのではないかなと思いました。今の旦那様が好きでご結婚なさったのでしょうけど、嫌いになりすぎた人と今後の人生を共に過ごす必要はないと思います。ブログがはけ口になっても根本が解決しないとどうにもなりません。どうかえり様の人生が幸せな方向に向くように願っています。

2017/01/11 (Wed) 11:49 | ゆき #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する