小室哲哉の不倫と引退宣言の記者会見が言い訳にしか聞こえない

SPONSORED LINK





小室哲哉が不倫して記者会見をしてたけど、引退すると言うことで不倫の話を遠ざけようとしてると思った。

KEIKOと結婚する前からプロデュースする女の子には手を出してきた実績があるんだし、そのうち不倫や離婚騒動が起きるだろうと思ってた。

KEIKOがくも膜下出血で介護が必要になって自分は介護疲れから不倫に走ったって、ただの言い訳じゃないの?って思った。

それをテレビでは不倫した小室哲哉が可哀想みたいな同情の目で見られてる意味がわからない。

看護師とは男女の関係ではないって言ってるけど、それならお互いの部屋に行き過ぎだし、看護師が10時間も何時間も施術なんてしないと思う。

それくらい治療が必要なのであれば入院するとか専門医を雇ってそばにいてもらうはずだと思う。

会見の時に何度もKEIKOが普通の奥さんじゃないからとか言ってたけど、それで周りが同情しているのがおかしいと思う。

むしろKEIKOが可哀想だと思う。

KEIKOがテレビに出て何も言わないと思ってるからKEIKOに原因があってKEIKOが悪いみたいに言えるんだと思う。

家族にそんな風に言われて本当にKEIKOが可哀想。

普通に不倫してすいませんでしたで済む会見を引退って言えば、不倫の話がかすむと思ったんだろうと思った。

引退してほしくないって言葉があれば引退しないみたいな発言に聞こえたけど、あれだけ言ってんだから絶対戻ってきてほしくない。

印税で生活するだろうとワイドショーで言ってたけど、何年か前にお金欲しさで著作権詐欺をしてたから、お金が足りなくて復帰しましたとか言いそうで嫌です。

SPONSORED LINK



読んで頂きありがとうございます。
最後に応援クリックを頂けると励みになりますm(*_ _)m

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

SPONSORED LINK

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する