新しいパンツを出せや!!不満の向こう側はどうなってしまうのか

SPONSORED LINK





<つーさんさん(30代) からの投稿>

外からみればなんの問題もない仲のいい夫婦にみえている私たちでも、同じ屋根の下暮らせばいろいろ不満はでてきます。


まず家事についてです。

私が妊娠中に夕食の後片付けをしてくれていました。

2.3日たつとお皿がなんかベトベトする、、、なんか臭いぞ、、。

と思い、お皿を洗っている旦那をふと見ると、、、「いや、油もの専用のスポンジやないかい!」「あ、間違えた、、、たくさんあるから間違えちゃった!」とスポンジを変え再びお皿を洗う旦那、、、、「いやそれ排水溝のスポンジやないかい!」
それでも初めはいいんです、かわいいものです。


しかし私が不満に思うのは何度も同じミスをするという事です。

最後の最後まで涼しい顔して排水溝専用のスポンジで洗っていました。

、、、、もう諦めがつきました。



そして子育てについてですが、オムツも替えてくれます、ミルクも飲ませてくれます。

しかし一緒に遊ぶという事をしてくれません。


男はそんなものなのか、、いや違う、友達のとこの旦那さんはよく子供と遊んでいます。


遊び方がわからないといった感じがします、

あとは不衛生です。

数々の伝説がありますが私が1番ビックリしたのは旦那のパンツがだんだん黄色くなっていくのです。

シミのような、、、そしてそれがウイルスのように日に日に広がっていくのです。

旦那はパンツを2枚しか所持していない為、2日に1回のペースでそれを洗濯しなくてはいけません。

まさにヘビーローテションです。


見るに見かねて新しいパンツを私が買ってきました。

それなのに旦那はシミのパンツに情があるのかなかなか履き替えようとしません。

いまだに新人パンツくんはデビューの時をタンスの中で待っています。



そうなるとうすうす気づいてくるとは思いますが、靴下も同様です。


仕事から帰ってきて今日あった仕事の話をかっこよく語ってきますがその靴下は親指くんがこんにちはしています。

何日も続きます。


親指くんよ、本当にご苦労様です、、、、靴に擦れて痛かろうに、、、北風にうたれて寒かろうに、、、
タンスという名の待機所にはいつまでたっても指名されない新人パンツくん同様、新人靴下くんもデビューを夢見ていることは言うまでもありません。



そして、不衛生のうえに収入が低いという最悪のツートップを兼ね備えています。


もうこれはどうしようもないです!
連休など友達同士でどこに行ったか話題になる時があります。


私も言います、「旅行行ってきたよ!」
、、、、私も行けるんです、1泊2日で行けるんです。


しかし、車で30分ほどで着く幽霊がでそうな旅館です。

むしろでていたかもしれません。


幽霊なのか女中なのかもはや見分けることもできません。


夕食もさることながら朝食もちゃんとつくんです。

ごはん、味噌汁、たくあん、そしてどこの馬の骨かもわからない焼き魚という朝食会の四天王でした。


朝食会場は大広間で他の家族との距離が数センチしかないだろうという窮屈のなか、私は無音で無言の朝食をたいらげました。

時々、箸のカチャカチャという音が響き渡っていました。


お金があればもっといい旅館に行けるのに!と思うのは毎回ですが、その後すぐに旅行行けるだけいいかと思ってしまいます。




不満はたくさんありますが、諦めることにしました。



SPONSORED LINK



読んで頂きありがとうございます。
最後に応援クリックを頂けると励みになりますm(*_ _)m

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

SPONSORED LINK

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する